HOME
●新型WideBino28について●
2016年4月25日
星空観測用オペラグラス「WideBino28」は2016年4月に全面的な改良が施され、光学性能・
実用性・汎用性が大幅にアップしています。主な改良点について詳解しますのでご参照下さい。
◆光学系◆
WideBino28の優れた光学設計はそのままに、各光学面の研磨精度を高め、更に表面反射の僅少な高透過率コーティングを施すことにより、シャープネスとコントラストを共に向上させています。
◆目幅調整◆
旧製品では左右の目幅を最短でも58mmまでしか縮めることができなかったため、お子様を含め、より目幅の狭い人には使いづらいものでした。新型では目幅の調整範囲を拡張し、最短で52mmまで対応できるようになっています。これにより、幼児を含むほぼ全ての人が適正な目幅でWideBino28を使えるようになりました。
◆視度調整◆
旧製品ではマイナス方向への視度調整範囲が狭く、−4ディオプター以下では無限遠対象を見る際に合焦を得ることができなかったため、強い近視の人はWideBino28の使用を諦めざるを得ませんでした。新型では視度調整範囲を拡張することにより、実に−6ディオプターまで無限遠合焦が可能になっています。これにより、非常に強い近視の人でも星にピントを合わせられるようになり、より多くの方々にWideBino28での星見を楽しんで頂けるようになりました。
◆アイカップ◆
WideBino28は裸眼で使用し、更にアイレンズに目が接するようにして覗くことが最大視野を得る前提となります。旧製品ではアイレンズ後端からアイカップ後端までの高さが7mmありましたが、新型ではアイカップの形状を浅くすることにより、この高さを5mmまで短縮しています。これにより、アイレンズと目の距離を短く保つことが容易になり、旧製品のように目を無理にアイレンズに押し付けなくても快適な最大視野が楽しめるようになりました。
◆サイズ&重量◆
上述した視度調整範囲の拡張やアイカップの形状改良に伴い、新型では本体の前後幅が3mm短くなり、重量も約1割(25g)軽くなっています。
◆ストラップ◆
旧製品ではネックストラップやハンドストラップを通す穴が無かったため、常に身に着けておくことができず不便でした。新型では左右2ヶ所にストラップを通す穴を設け、更にネックストラップも標準付属品になっています。旧製品よりも約1割軽くなった255gの超軽量ボディは、天体観測中に常時首から下げておいても負担にならず、いつでも見たい時にさっと手に取って見ることができます。ストラップを通す穴は長さ10mm/幅3mmと余裕のある長円形を採用しているため、付属のネックストラップだけでなく、携帯用やカメラ用など、他の様々な市販のストラップに換えることも可能です。
◆価格◆
これら全ての徹底改良を施した上で、価格は僅か¥1,000アップの¥15,000(税別)に抑えており、お求めやすさは旧製品と殆ど変りません。目幅や視度問題で旧製品を使えなかった方や、初めて購入される方はもちろん、既に旧製品をお使いになっている方も、新しく生まれ変わったWideBino28をぜひお試し下さい!
★新旧WideBino28仕様比較一覧表★
  <旧型>  WideBino28 <新型>  
有効径 40mm 40mm
倍率 2.3x 2.3x
実視野 28゜ 28゜
コーティング 全面マルチコート 全面高透過率ブロードバンドマルチコート
最大寸法 123mm x 43mm x 50mm 123mm x 40mm x 50mm
重量 280g 255g
合焦機構 IF IF
適合目幅 58mm〜73mm 52mm〜73mm
無限遠合焦可能視度 >-4ディオプター -6ディオプター
アイカップ高 7mm 5mm
ストラップホルダー なし 左右2ヶ所
付属品 2-wayキャリングケース 2-wayキャリングケース、ネックストラップ
価格 ¥14,000(税別) ¥15,000(税別)
〒153-0051 東京都目黒区上目黒5-19-33 (株)笠井トレーディング
トップページに戻る